MENU

偏頭痛が起こる原因は諸説あり

医師の説明日本人の大半が経験している『偏頭痛』。
頭の血管が膨張し周辺の神経を圧迫する、というのが偏頭痛が起こるメカニズムなのですが、血管が膨張する理由にはいくつかの説があります。

 

血管の膨張

血管が弱り傷ついた時、「セロトニン」という“血管を収縮する”(保護が目的)物質が血液中に放出されます。

 

「セロトニン」が血管を収縮

正常な脳の血管

 

収縮した血管は時間とともに元のサイズに戻るのですが、この時、脳にある神経を圧迫するため頭痛としての症状が出ます。
矢印

膨張が脳神経を圧迫!

膨張した脳の血管脳の毛細血管が全体的に膨張するので、頭全体がズキズキと痛くなります。

 

 

三叉(さんさ)神経の刺激

顔の感覚をつかさどる“三叉神経”(下絵を参照)は、外部から刺激を受けると
「血管を膨張させる物質」をたくさん分泌します。

 

この物質が頭部に伝わると血管の膨張に拍車がかかり、頭部の末端神経を圧迫→頭痛となるんですね。

 

三叉神経のイラスト

三叉神経本郷まこと治療院 公式ブログより

偏頭痛(片頭痛)の具体的な症状は?

頭痛に苦しむ女子偏頭痛の具体的な症状は、

頭全体が脈打つようにズキズキと痛む

といったものが非常に多いです。

 

また、体を動かすと痛みが酷くなるので、家事や仕事が全く手につかない!というケースもしばしば。

 

だいたい月2回の頻度で起こりますが、
多い人だと毎週1〜2回痛くなることもあります。

片頭痛には前兆がある?

兆候があるの?偏頭痛が始まる前兆として、
痛くなる30分〜数時間前に、閃光のような光が目の前をチラつき視界を邪魔してきます。

これは閃輝暗点(せんきあんてん)と呼ばれていて、偏頭痛持ちの約30%もの人が経験している前兆。

もしこのような前兆が出ている時は、無理をせずにゆっくりと過ごすようにしてください。
(車の運転は特に避けた方がいいでしょう)

偏頭痛を改善・予防する方法は?

医師偏頭痛の原因を潰す!これが一番の対策なので、血管を過度に膨張させないように日々気をつけましょう。

 

上の原因説明でも取り上げた「セロトニン」が多く分泌されると血管収縮→膨張に繋がります。

セロトニンは役割があるの?

「セロトニン」はストレスを感じた時に出る「ノルアドレナリン」という物質の量を減らし、興奮状態を緩和してくれます。

ストレスから精神を守るために働く物質で、巷では《幸せホルモン》なんて言われていますね^^

この「セロトニン」をできるだけ分泌しないように=ストレスを溜めないようにするのが、偏頭痛の予防や対策としては有効です。

  • カラオケで大声を出す!
  • 好きなものを食べまくる!
  • ジムで思いっきり体を動かす!

とにかくイライラを感じたら溜め込まずに発散しましょう。

ストレス発散のやり方がわからない…
そんな人は?

考える女子特に趣味もないしインドアだし、ストレス発散なんてしたことがないからやり方がわからない…。
家事や育児が忙しくて、カラオケなんて行く時間がない!

 

そんな人は、
誰でも手軽に試せる偏頭痛サプリメントから始めてみるといいでしょう。

 

上で説明した「セロトニン」の過剰分泌を抑えてくれる「フィーバーフュー」という成分入りのサプリなら偏頭痛の予防・改善にピッタリですよ^^
⇒ フィーバーフュー配合サプリをチェック